都内全域で放射線量測定(by日本共産党都議団)

Posted on : 2011年6月6日 | post in : 未分類 |Leave a reply |

2011-06-06 22:07:24

放射線量の計測値が毎日発表されてはいますが、あの数値、かなり低めに出ています。 というのは、モニタリングポストは、地上20メートルほどの地点で計測されていることが多いからです。

人間が生活しているのは、通常、せいぜい地上2m。 この高さの放射線量は、モニタリングポストで計測し、文部科学省が発表している数値の数倍かそれ以上になっていることもあります。

空気中に舞い上がった放射性物質は、時間がたつにつれて雨などとともに地上に降りてくるので、一般的に、地上から離れるほどに、値は小さくなるといいます。

文部科学省の発表した、東京都(新宿 地上18メートル地点での計測)の5月末日の放射線量は、0.051なのに対して、日本共産党都議団が生活圏内の高度(地上1メートル、7箇所)で調べたところ(5月6?20日)、毎時0.141マイクロシーベルトを記録したところもあったといいます。

これをみても、しばしば言われている、政府や東電の隠蔽体質は危険で、政府の発表する数値は、だまそうという意図を持って低めに発表されている、そのまま鵜呑みにしてはいけないということがわかると思います。

ちなみに、都議団の調査結果の一例は、

世田谷区 0.089、杉並区 0.066、江東区 0.186、足立区、0.257、葛飾区 0.391、八王子市 0.078 などとなっています。

 

世田谷区弦巻で高い放射線量

 





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Theme Designed Bymarksitbd