おならのニオイ対策

Posted on : 2011年11月6日 | post in : 未分類 |Leave a reply |

2011-11-06 22:01:34

ゲゲゲの女房によれば、
水木家では、オナラは肯定的に捉えられていたようですが
一般的には、オナラは避けたいもの

人前で、オナラが出なければ一番いいけど
「出物腫れ物ところかまわず」
なんて、言葉があるように、オナラが出てしまうこともあるよね。
一番良いのは、おならが出ないこと。
次に、音がしない、ニオイもしないオナラに変えてしまうこと。

そこで、ネットで、「オナラ」について、
一生懸命に調べている人も少なくないようです。

おならのにおいの対策として、よく言われるのは

 

?まず便をがまんしないこと、便をがまんすると大腸内で発酵が進みくさいおならが蓄積されます。

 

?肉類を多量に食べると悪玉菌が活躍してくさいおならが出やすくなります。

?ニンニクやタマネギなどは控えましょう。

?腸内のビフィズス菌などの善玉菌を増やすようにしましょう。日頃からビフィズス菌入りのヨーグルトやオリゴ糖入りの乳酸菌飲料、海草、納豆、きのこなどをしっかり取って、大腸の善玉菌を増やすように心がけましょう。

 

たとえば、肉類は良くない・・・
といっても、食事のバランスからいえば、時には肉も食べたいもの。
脂身をのぞいて赤みだけ食べるとしても、いつなら食べてもいいのでしょうか?
勝負の時から逆算して、何時間以内には食べないとか
便秘の人や快便の人など、人様々ですが、
大雑把に、半日から3日のようです。
ひとりひとり、経験則に合わせて、
自分のタイムラグを知っておいたほうがいいかもしれませんね。
 

 

 





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Theme Designed Bymarksitbd