準チョコレートとチョコレートの違いは?

Posted on : 2012年3月4日 | post in : クッキング |Leave a reply |

2012-03-04 11:28:43

バレンタインのシーズン、
割れチョコも近くのスーパーの店頭に見られました。 

そんななかで最安値だったのが、
100円ローソンの「割」チョコ、Block Chokolate。 
税込み105円で、120g。

でも、食品表示をみると、準チョコレート。

ローソンブランドの、いわゆるPBですが、
板チョコを手にとって見ると、どれも準チョコレート。

一方で、森永や明治の板チョコは、チョコレート。
なるほど、価格の差は、ここにあったのか・・。

そこで、チョコレートと準チョコレートとの違いは?

チョコレート及び準チョコレートの生地の原料の
カカオ、ココアバターや、必要により糖類、乳製品、
他の食用油脂、香料等の割合・分量によって、
この他にもミルクチョコ・準ミルクチョコの4種類に分類されるようです。


  カカオ ココアバター
チョコレート 35%以上 18%以上
準チョコレート 15%以上 3%以上

ということで、チョコレートに準ずるものが、
準チョコレートということのようです。

表には、チョコレートって大きく表示されているのに、
かなり違いますね。

 

 

 

  •  
  •  
  •  




タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Theme Designed Bymarksitbd