談志 名跡問答 立川談志vs石原慎太郎

Posted on : 2012年5月1日 | post in : 60 : 書籍 |Leave a reply |

2012-05-01 13:43:31

独裁者?談志の「談志のことば」を取り上げたことがあったが、独裁者と言えば
大阪の橋下市長と石原慎太郎都知事と・・
談志と誰れしも思い浮かぶ、石原慎太郎との対談がおもしろい。
話がかみ合っていないようで、かみ合っている。
阿吽の呼吸ともいうような対談の場だったんだろうと想像できる対談。

あの談志が兄貴分と慕っていたのが石原慎太郎だったとは・・・
合うんだあの二人というのがちょっとした発見でもあった。

 

談志 この人は単純だねえ。陽気に育ってきた人間には、鬱になる奴の了見が分かわんねえのかね。俺は落語家だから、複雑なんだよ。複雑だから、落語家なんだ。いや、セコいからかな。
石原 変に自虐的になっちゃって。酒、飲まないの?
談志 ビールにする。
・・・・・
慎太郎さんはテレビで見るより。若えなあ。目、パチパチしてるところ、写真だと分かんないだろうな。
慎太郎 バカヤロー、この頃あんまりしなくなったんだよ、もう年だから。お前と会うと興奮して目が乾くんだ。鬱病で飛び降りる前に、高座で「死神」やってくれ。

最近・・・、政治も経済も停滞しているのは、老害とともに
始終揚げ足取りをするマスコミを意識しすぎて
マスコミ以外の人が、マスコミの前では萎縮してしまっているからかなと思う。
一方のマスコミは・・・、ちょっとやりすぎなんじゃないかな。
マスコミが、いろんな停滞を生み、世の中を退廃させているように感じる。
脱マスコミ。つまり、ネットで誰もが自由に発信できる環境におかれることこそ
これからのキーポイントだと感じた・・・
これが破天荒?独裁者の対談で感じたこと。 
もっとも、この本は、石原慎太郎との対談がメインではなく、
名跡、文楽や圓生、馬生・・、藤山寛美といった芸人についてを談志が語るのがメイン。
談志ですから・・・。
ここで書くより、オリジナルを手に取って読んだ方がおもしろいに決まってる・・(笑) 





タグ: ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Theme Designed Bymarksitbd