ママチャリのタイヤ交換

Posted on : 2012年5月16日 | post in : DIY/自転車 |Leave a reply |

2012-05-16 12:01:03

ママチャリを愛用すること・・・何年でしょう。
かなり長いのですが、今の自転車に乗りはじめて、5年ほど?
いえ、それ以上でしょう。
一日、20キロ以上乗ることもありタイヤは前輪後輪とも繊維が見えてきて気になっていました。

最初に来たのは、前輪のパンク。

三茶の玉川通りの歩道を走っていた朝のこと、
「パーン」
と、大きな破裂音。
玉川通りをいく自動車かと思えば、急にハンドルが効かなくなり
自転車から降りてみると、見事に前輪がペシャ(泣)
家に帰ってチューブを見ると2cmほどの亀裂。
100均でかったパンク修理用のパッチを当て空気を入れて数時間。
まだ、空気が漏れている・・・
今度は念入りに、水を用意して、空気の漏れをチェック。
小さな穴から空気が漏れているのがわかり、こちらにもパッチ。
念のためムシも替えて

このあと一週間程使えましたが・・・・
どうも不具合ということで、以前の自転車の前輪タイヤを外して交換。
交換したタイヤも摩耗しているのでいつまで持つことやら
と思いながら使うこと、1ヶ月。

ここで前輪を外すときの注意点
外すときにどういう順番で取り付けられていたかを覚えておくこと。
これだけでOK。

必要な道具は、
コンビネーションレンチ。片目片口スパナとも呼ばれます。

オープンエンド(スパナ)とボックスエンド(メガネ)が組み合わさっているのが名前の由来で、
車軸を固定する六角ネジを回すのに使いますが、
標準的なママチャリの場合、そのサイズは
前輪が14mm、後輪が15mmのようです。
小さいサイズのものなら、100均でも売っていました。

自転車に乗っていると後輪が重い・・・。

空気を入れても抜けてしまう。
ムシを抜いてみると、ムシ(ゴム)がほとんど無い状態。
そこでムシを替えてみたけど、少しマシ?だけど芳しくなく
新品のタイヤ&チューブに交換することにしました。
価格は、1600円弱(@ドンキ)
タイヤやチューブを購入する時に注意すること
サイズ。
タイヤに書いてあるので、事前にチェックしてから買いにいくこと。
ちなみに、私が買ったサイズは、26 1 3/8と書いてある
ママチャリのスタンダードなもの。

後輪は、前輪と違って、チェーンがあるなどちょっと鬱陶しい(苦笑)
後輪のタイヤ交換は、ググってみると写真入りのページが複数ででてきます。
とはいえ、前輪同様、順番さえ間違わなければ大丈夫。
同型の自転車が複数台あれば、完成見本をみながら戻せばいいのですが、
なければメモをしておくとか、写真にとっておいた方が良さそう。
というのは、ググったページは、いまいち分かりにくかったから。

ポイントは、チェーン。

外し方は、車軸を止めていた六角ネジを左右ともはずす。
車軸をとめる位置には遊びがあるので、タイヤを前に押すと
チェーンが緩むので外しやすい。

チェーンカバーは基本開けませんが
一番後ろの小さい部分とペダルのところのフタは開けます。
つぎに
ドライバー2本を使い、一本は後ろのギヤにあてチェーンを浮かし
もう一本は、ペダルのところのチェーンを手前に浮かせたら
ペダルをすこしずつまわすと、
運が良ければすぐに外れます。
(うんが悪いとしばらく格闘!(?)

チェーンが外れたらタイヤ(フレームごと)は後ろにずらせば外せます。

フレームに取り付けられた、チューブとタイヤを取り替えたら、
元にもどしていきます。

ポイントは、チェーンでしたよね。

チェーンはそのままで
戻していきますが、六角ネジは軽く回しておくだけ。
このときに後輪は前よりにセットしておくと
チェーンが緩いので戻しやすい
後ろの小さいギヤにチェーンを引っ掛けたら
ペダルのところのチェーンをギヤーに引っ掛け
ペダルをゆっくり回すとチェーンはセットできます。
これも運がよければ、1分もかからないほど。

このままではチェーンが緩いので
タイヤ(フレーム)を後ろに引っ張り移動させると
チェーンの緩みが無くなるので
六角ネジを左右とも固く締めれば完成です。

もちろん、お買い物などに幾前には、試乗してからにしましょう(笑)。

フレームからタイヤやチューブを着脱する方法
ブレーキにセット、調節方法はまた別途。 

 

 

  •  
  •  
  •  




タグ: ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Theme Designed Bymarksitbd