放射性物質セシウム137を吸収しやすい野菜は

Posted on : 2012年5月19日 | post in : 未分類 |Leave a reply |

2012-05-19 21:04:15

ウクライナのチェルノブイリ原発事故による被災者の支援活動を行っているNPO法人「チェルノブイリ救援・中部」(本部・名古屋市)の報告によると、カラシナ、クレソン、キャベツ、ダイコンなどがセシウム-137が蓄積されやすく、トマト、ナス、カボチャ、ニンジンなどが比較的蓄積されにくい野菜ということです。

 ウクライナのチェルノブイリ原発事故による被災者の支援活動を行っているNPO法人

チェルノブイリ救援・中部」(本部・名古屋市)によるひとつの調査結果を参考までに

セシウム137

 

 





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Theme Designed Bymarksitbd