ディーゼル排気に発がん性を確認(WHO)

Posted on : 2012年6月13日 | post in : 未分類 |Leave a reply |

2012-06-13 11:06:00

WHOの研究機関が、ディーゼル排気に発がん性があると発表したけれど、
何をいまさらという感じ。 
ガソリン排気については、発がんの疑いで留めていることにも、
裏があると感じざるを得ない。 
自動車産業への配慮ってやつかなと。

自動車と言えば、路肩に駐停車して、
タバコを吸っていたり、違法駐車していたり、信号無視の無謀運転・・・。 
街に出れば、どこに行っても見かける。 
しごく当たり前の風景。 
これに排気ガスによる発がんの「疑い」  

自動車にしてもタバコにしても、規制をもっと強化すべきだと思う。

【AFP=時事】世界保健機関(World Health Organization、WHO)の付属機関、国際がん研究機関(International Agency for Research on Cancer、IARC)は12日、ディーゼルエンジンの排気に発がん性があるとして人への暴露の低減策を講じる必要があると発表した。

 IARCの研究グループのリーダー、クリストファー・ポーティエ(Christopher Portier)氏は「ディーゼルエンジンの排気は人間の肺がんを引き起こす」と述べた。また、ぼうこうがんのリスク増大にも「明らかな関連性」があるとも同機関は発表した。

 ディーゼル排気は自動車のほか、列車や船舶、発電機から排出される。ポーティエ氏は「さまざまな化学物質から成るディーゼル排気微粒子が健康に与える悪影響がさらに明らかになったことに鑑み、これら化学物質への暴露を世界規模で低減するべきだ」と述べている。IARCは1988年、ディーゼルの排ガスを「恐らく発がん性がある」物質のグループに分類していた。

 ポーティエ氏の研究グループは同日、ガソリンの排気については1989年発表の評価と変わらず「発がん性が疑われる」との結論に至ったとも同日発表している。【翻訳編集】 AFPBB News

 

 





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Theme Designed Bymarksitbd