木嶋佳苗 悪魔祓いの百日裁判

Posted on : 2012年7月3日 | post in : 60 : 書籍 |Leave a reply |

2012-07-03 13:42:17

木嶋佳苗にオセロの中島・・・
最近のTVワイドショーや週刊誌を儲けさせてきたふたり。

都内の図書館で見つけたのは、東電OL殺人事件も書いた佐野氏

別海から来た女 木嶋佳苗 悪魔祓いの百日裁判 – 佐野真一 

裁判では3人を殺害したとして、死刑判決がでた木嶋佳苗であるが、
血の出る殺し方をしていないだけに
殺害したという直截的な証拠が無いだけに
本当に、”死刑!?”
冤罪では無いのか?
ちょっと心配もないではない裁判記事・・・。

木嶋佳苗の妹や母は・・・、
どういう気持ちでいるのだろう?
あまり記事となって出なかっただけに
この書で垣間見える母は・・・
本当に、娘とは一線を画しているのか・・・
ちょっと信じがたい感じすらする。

こうした数点を除けば、この書
これまで、新聞や週刊誌などで書かれてきた木嶋像や裁判記録を
まとめたようになっている。

一冊をざっと読み終えた今もわからないのが
なぜこんな犯罪が起こりえたのか?
なぜ、何人もの男たちが、騙されたのか・・・

木嶋佳苗
その能力を違う方向で使えば
尊敬される方法で、お金も名誉も得られたのではないか?

目先の直截的なお金が欲しくて
人間とものとの区別がつかなくなって犯した犯罪!?
だとすれば、精神鑑定すれば、どうなるんだろうか、とも

「これは、私の書いた『東電OL殺人事件』を超える事件だ」 
殺人3件・未遂多数。北海道・別海町の名家に育った女が、
男たちを次々と毒牙にかける・・・
女と男の闇を射る佐野ノンフィクションの真骨頂! 

あなたも、木嶋佳苗の魔力から逃れられなくなる。
昂奮のサスペンス・ノンフィクション

・木嶋の祖父の遺言になった「決定的証言」
・事件後に生き残った男の恐るべき現在
・木嶋の「本命恋人」が私に見せた素顔
・百日裁判「新聞が報じられなかったこと」
・徹底取材 木嶋家四代に遡るロードムービー

冤罪事件?だったかもしれない「東電OL殺人事件」を書いた作家だけに、
期待していたけれど、ちょっと外れたって感じかな!?
この事件の総集編あるいは、裁判傍聴記録的に読む本かも。 





タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Theme Designed Bymarksitbd