立川談志の正体 (by 快楽亭ブラック)

Posted on : 2012年7月9日 | post in : 60 : 書籍 |Leave a reply |

2012-07-09 13:35:36

亡くなった後に、いろんな落語家?が、というより弟子達が、
寄ってたかって、師匠の裏話を書くっていうこと、
これぞ、談志ならでこそって感じもする。

快楽亭ブラック??
外国人落語家かと思えば、英語の話せない二世なんだとか・・。
それはともかく、元談志の弟子であるブラックが書いた立川談志の正体
サブタイトルに、「愛憎相克的落語家師弟論」
と、あるように、談志に対する愛憎入り混じった?内容になっている
談志があの世から、
「おれが生きている間に、書きやがれ。」
と、怒鳴っていそうな気がする・・。

談志が立川流家元に収まっているのは、お金に汚いから。
昇進時にお金を、毎月のお金を・・・
確かに家元って、お金を集めるための機関らしい
詐欺にあったときにも、弟子に自著を買わせて補填したとか。
本当なのか、うそなのか・・・。
落語の世界その物のような師弟関係だなと思う。

果たして、快楽亭ブラックは、談志が好きだったのか?

好意的にとらえれば、SM好きのブラック・・。
ブラックユーモアと捉えてあげたい数々の談志の悪口?
いっぱいの本・・。

談志好きな人と合うときんネタだけはいっぱい詰まっているのは、確かだろう。

 

落語への想い。談志師への入門。師のスゴイとこ、セコイとこ。
師の取り巻き連中。師とお金等。
「落語家・立川談志」を鋭利な切っ先でスルドク剔抉し、さらに「談志論」にまで至る。 

目次 : 
一之席(とにかくお金が大好き!/ 談志に弟子入り/ 談志との再会/ 
落語立川流の創立 ほか)/ 
二之席(さらば立川流/ 家元の落語/ 家元と弟子/ 円楽と柳朝 ほか) 
 

 





タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Theme Designed Bymarksitbd