Kitano par Kitano  北野武による「たけし」

Posted on : 2012年7月17日 | post in : 60 : 書籍 |Leave a reply |

2012-07-17 14:00:30

作者: 北野武,ミシェルテマン,Michel Temman,松本百合子
出版社/メーカー: 早川書房

談志が亡くなり、三枝が改名し・・・
お笑いの世界にも時が流れていますが
毒舌で、毒舌だけだと感じていたビートたけし
その後、映画監督としても、世界に名を轟かせているたけし。
いまこうして、彼のことを書いた本、しかもフランス人ジャーナリストによる、
を読んでみると、なかなかの人物だなと感じる。

私が、いまの日本に感じている閉塞感
いまの政治に対する閉塞感の原因をそのまま言い当てている。

第5章 日本のテレビ界
日本では、スポンサーが間接的に、情報番組をコントロールすることがあるしね。スポンサーは、コマーシャルの前後に流される内容は、自分たちのイメージに適したものであることが望ましいわけ。スポンサーが番組の内容について、指示を出すことだってあるんだから。これは本当に不健全だし、危険なこと。すぐにでも変えていく必要があるね。

テレビは電波について免許事業だし(税金の先にあるもの)、情報だって、国会などに一般よりはるかに自由に出入りできたりする特権を与えられているものだから、CMを提供する会社寄りだったり、政治家や官僚寄りだったり
疑わしいものが山ほどあるけど、そういうものをひっくるめて、本来のマスコミのあり方として、私も不健全だと思うね。

第14章 あっぱれニッポン!
ライブドア事件の意味
日本では一般的に、貧しい家に生まれた人間は、だいたい一生、貧しいまんまで終わるんだよ。すごい貧乏だった人間が、突然、ものすごい金持ちになったりするのは、堀江みたいにさ、だいたい怪しいわけ。彼らの成功っていうのは、普通じゃないって見られて、政治的にも正しくないって思われる。日本っていう国はね、すごい単純なの。貧しい人間は貧しくて、金持ちだけに富を得る権利があるの。
(中略)
堀江のケースが物語ってるよ。で、彼は保守派から手荒く攻撃されたわけ。彼らにとって堀江は違う階級の人間だったから。

今思うに、ホリエモンは、なぜ有罪になって、刑務所にいるのか? 正直分からない。 彼以上のことをした大手企業の元役員や証券会社等々と比べると彼なんか、微罪だと思うけどね・・・。年金関係の(元)官僚とくらべても、本来罰すべきなのは、後者のはずだと思うけどね。それが日本という国だって言われると、寂しいけど。

日本はアメリカのっ植民地 
俺はアンチアメリカじゃないけどさ、戦後60年以上たっても、日本はアメリカの植民地だって言いきれるね。 アメリカばかりか、中国にだって隷属しているように思える。

外国と対等に交渉できる能力の無い・・・
交渉しないで、したふりをして、隠蔽してきたこれまでの日本の官僚や政治家の姿勢が変わらないかぎり、日本人は貧乏くじを引かされるんだろうなって思う。

 

北野武の”毒舌(!?)”を読んで、
今年の七夕はもう過ぎたけれど
短冊に願い事を書くとしたら
正しく考えられ、本音で行動できる本当の政治家が欲しいなって思う。

 





タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Theme Designed Bymarksitbd