回転寿司のイワシからセシウム

Posted on : 2012年9月13日 | post in : 未分類 |Leave a reply |

2012-09-13 20:10:52

国際環境NGOの「グリーンピース・ジャパン」が、大手回転寿司チェーン5社の店舗を抜き打ち調査したところ、千葉県産のネタのマイワシから放射性セシウムが検出されたの

グリーンピースは8月9?16日にかけて、
大手回転寿司チェーンの「かっぱ寿司」「くら寿司」「スシロー」
「魚べい(元気寿司)」「銚子丸」の首都圏(東京、神奈川、埼玉)の10店舗で
ハマチ、カツオ、サンマなど20品目のネタを抜き打ち調査

「くら寿司 品川駅前店」のマイワシから
10.9ベクレル/1kgの放射性セシウム(セシウム134,137の合計)が検出された
(他のサカナは5ベクレル未満)。

国の基準値(100ベクレル/kg)を大きく下回っている

くら寿司側は
「国の基準値を下回っているので、特に問題がないと判断している」
と回答したという。
(日刊ゲンダイ2012年9月10日掲載)

陸地で放出された放射性物質は、川の流れとともに海に流出しており
海の汚染には、これからの要注意しないといけません。

私的には、イワシなど小魚は、放射能汚染が気になって避けていますので
やはり、と言う気がしました。

参考:海底ホットスポットの恐怖

 





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Theme Designed Bymarksitbd