高倉健 インタヴューズ

Posted on : 2012年10月11日 | post in : 60 : 書籍 |Leave a reply |

2012-10-11 12:46:26

高倉健
私より上の世代の人たちにとっては数少ない大スターの一人だったよう。
やくざ映画・・・、任侠と言うのでしょうか
そういうイメージでスタートした人・・。

寡黙で、彼の口から出る言葉は、重く。
でありながら、最近では、CMで見かけたこともある。
怖そうだけれど、どこかに安心感がある・・・。

そんな健さん、実生活も、映画そのままの実直な方らしい。

「駅 STATION」
共演した宇崎竜童によれば、
高倉の背後で号泣するシーンがあったという。
宇崎を撮影する場面の前では、高倉の声を聞いて号泣できたが、
昼食をはさみ、2度3度、太陽が陰ったからと中断するうちに
号泣するための感情が湧き上がりにくくなったという。
そんな時に、号泣をよんでくれた高倉のセリフが聞こえたという。
「殿が云われた・・・・、殿は10歳であった・・・。
米はあるのか。この殿のやさしいお心遣いに胸をうたれた。」

高倉は、自分の出番が終わったのに、宇崎が演技するのを見守り
涙が出そうにないと直感して、このセリフをしゃべってくれたという。

しかも、このセリフを云った後、宇崎にお礼を云わせる前に姿を消していたと。

こうした類のスターがありがちな自分勝手なふるまいとは真逆の
高倉の自分の映画に対する姿勢、共演者にたいする愛情を語る逸話がいくつもあるという。

ぶっきらぼうだけれど、「いい人」
見せかけのいい人ではなく、本当のいいひと、
高倉健

彼にはこれまで特別な興味はなかったけれど
これからは、かなり気になる本当のスターになりました。

 





タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Theme Designed Bymarksitbd