自転車後輪ブレーキの調整・取替え

Posted on : 2012年10月12日 | post in : DIY/自転車 |Leave a reply |

2012-10-12 15:15:44

自転車、といってもママチャリなんで、
メンテナンスにお金なんかかけたくないと常々思っていますが、
ブレーキに機器が悪くなってきました。 

前輪も後輪も、とあるところのねじを緩めるとブレーキが効くようになるので、
前輪の場合はこのネジを時計と反対に回す。

ねじを緩め、ブレーキのきき具合をトライアル&エラー方式で調節していました。 

もうちょっと強くしようとねじを更に、緩めて・・・。 
ハンドルのところのブレーキをかけてみたところ、
プチッと、ブレーキワイヤーが切れてしまいました。 

そこで、原宿のダイソー(100均)で、自転車後輪ブレーキワイヤーを購入してきました。 
原宿のダイソーにあった後輪用ブレーキワイヤーは、150cm。 
(私のママチャリなので、これでOKですが、
スポーツタイプの自転車など、長さが異なるものもありますので、
購入前に要チェック。 短いものをl購入すると使えませんし、
長いものを購入した場合は、切断して短くする必要があります。
このワイヤーは、かなり堅いので通常のペンチなどでは切れません。
切断面はハンダづけしたりキャップをつけておく必要があります。)

取り付け方は、
まずは、古いワイヤーを取り除きますが、

  1. ハンドル側のワイヤーをはずします。 
  2. 六角形のねじをはずします。 
  3. 六角形側からワイヤーを引き抜きます。 

そして、新しいワイヤーを取り付けます。 

  1. ハンドル側にワイヤーを引っ掛けます。
     
  2. 元通りに自転車車体のワイヤーを通す穴に通し、
  3. 最後に、六角形のねじの穴にワイヤーの先を通します。  

  4. 六角形のねじをねじ穴に通し、ワイヤーをプライヤーで引っ張りながら、
    ねじをきつく締めます 。 このとき1のねじは緩めておきます。
  5. 最後に、1の調整ねじを緩めながら、ブレーキの効き具合を確認しながら調節します。

 六角形のねじさえスムーズに外せれば、10分もかからずにできるような簡単な作業でした!

 





タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Theme Designed Bymarksitbd