ミネラルウォーターとは

Posted on : 2012年10月15日 | post in : 未分類 |Leave a reply |

2012-10-15 12:47:22

近年、お水を買う人が増えてきています。 会社に行くと、応接で出されるのは、珈琲やお茶ばかりではなく、ミネラルウォーター(何がいいですか?と確認のうえですが)を出してくれる会社もあるほど、ペットボトルのお水が市民権を得ています。
 
そして、最近の、水道水の放射能汚染の問題。 確かに、放射能汚染がすぐに収まれば、いま、汚染された水道水を飲んでも大丈夫かもしれませんが・・・・、原発の事故処理がいつ完了するかの見通しも示せない政府から、安全です。飲んでくださいといわれても、無理ですよね。 国会内の売店で(?)、議員がペットボトルを買い占めたとネットで話題になったように、自分たちだけ安全なところにいるのかもとの疑念のありますし。
 
 ⇒ ⇒ ⇒ ミネラルウォーターを楽天で探す

さて、ペットボトルのお水、ミネラルウォーターですが、いったい何もの??

 
調べてみると、日本のお水と、欧州(フランスが有名かも)とはスタンスが異なるようです。
 
たとえば、ボルヴィック(フランス)の場合;
源泉の周囲5キロ以内を保護区として、地上に建造物を建てるのは禁止。更には、すべての地下活動をも禁止して地下水を守っているのに対して、日本の採水地は、源泉周辺の環境には何の規制もないから、仮に水源である山の上にゴルフ場が建設されても、産業廃棄物処理場ができてもなすすべもないのが実情といいます。
「源泉の近くに農薬ならびに人体に有害な化学物質を散布する施設を建ててはならない」というガイドラインもないし、それ以前に、「市街地、住宅地の近くに採水工場を建ててはならない」という規制もないとも聞きます。
 
EUのナチュラルミネラルウオーター基準;
微生物学的に健全な水であり、またあらゆる汚染に対して源泉が保護されていることが十分に証明されていること。
その含有成分、温度および他の基本的な性質が自然の変動の範囲内で常に安定していること。
源泉における総生菌数が正常であり、またそれが定期的な分析によって確認されていること。
 
日本のミネラルウォーターは、「85度で30分間加熱したのと同量の熱量を加えることになっている。」
これによって、人体に有害な菌も有益な菌もすべての生菌は死滅するものの、発がん性が認められているトリクロロエチレンやテトラクロロエチレンなどの有機溶剤や、ゴルフ場で使用されている殺虫剤や除草剤の成分が含まれる危険性をしてきする識者もいるようです。(もちろん可能性であって、入っていたというのではありません。)
(源泉の近くにハイテク工場、農薬を使用するゴルフ場、産業廃棄物処理場を建ててはならないという規定はないから、その可能性を否定しきれないということです。)
 
欧州は、採水地にボトリング工場があり、くみ上げたまま製品化しているが、日本のメーカーの多くは、採水地で汲んだ水をトラックに詰めてボトリング工場に運んでいる。(トラックのタンクの洗浄において何らかの薬品が使用されている可能性もある。)
また、CMで天然水、自然水として宣伝している国産の水の中には、市街地や住宅地で採水しているものもあると聞いたこともありますが、最近では、それも、改善されてきているのではないでしょうか? というのも、昨日購入した国産のペットボトル水には採水地でボトル詰めをしていると書いてありました。

フランスのお水は、採水してそのまま、日本は殺菌するというその背景にはこうしたことがあるようです。

ミネラルウォーターの種類
 
無殺菌のもの
殺菌のもの;加熱殺菌、濾過減菌、オゾン殺菌、紫外線殺菌など
 
殺菌して、人工的にミネラル分を添加・調整、複数の水源の水を混ぜ合わせたもの
 
 
炭酸ガスを含む発泡性のものと無発泡性のもの。個人的には発泡性のも(with gas)はちょっと苦手ですが、欧州人などは、ガスの入ったもののほうが好まれるようです・・・。
 
 
硬水とか軟水とか聞きますが、どう違うのでしょうか?(ミネラル成分の違い)
 
日本の水は、欧州のような水成岩の地層ではなく、火成岩の地層を透過して来るため、ミネラルの少ない軟水が多いといいます。
軟水は、喉越しの良い、飲みやすい水なので、日本人にはさっぱりと清涼に感じられるし、炊飯やだしをとるなど日本料理には軟水は欠かせない。

WHOの基準では、これらの塩類の量を炭酸カルシウムに換算したアメリカ硬度(mg/L)において、0〜60のものを軟水、120〜180のものを硬水、180以上のものを非常な硬水というように決められている。

 
硬度とは、水1リットル中に含まれているカルシウムとマグネシウムイオンの合計質量数値化したもの
 
カルシウムの比率が高いと舌に重く感じる
マグネシウムは、少ないと甘みがあるが、多いと苦味
塩化ナトリウムが多いと塩辛くなるし、硫酸ナトリウムが増えると渋みが出る。 
 
日本の水の硬度;20〜150
輸入の水の硬度;2(バラッサカナディアン)〜1503(コントレックス)
 
ヴィッテル:CAが、202ミリグラム、NAが3.8ミリグラム
ファリス:CAが、25ミリグラム、NAが500ミリグラム
 
エビアンのフランス本国での資料によると
皮膚の鬱血をとり、痛みを鈍くする
皮膚に弾力を与え、不純物を取り除く
風、太陽、乾燥した空気、スポーツなどによる発散で失われた水分を補給し
皮膚に再び潤いを与える
 
フランスではミネラルウォーターの効用として
硫酸塩(サルフェート)にはあり尿作用があり、血液中の老廃物を対外に排出させ、肉体の新陳代謝を高める作用があるとされている
 
サルフェートの含有量の多い水;ヴィッテル、コントレックス
 
硬度の高い水は便秘解消にも効果があるとされる
 
コントレックスはフランスでは痩せる水とも言われている
コントレックスは重くて渋い水だが、空腹感を緩和してくれる
 
硬度50以下の水;ボルヴィック、スパ
硬度300;エビアン
 

⇒ ⇒ ⇒ ミネラルウォーターを楽天で探す







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Theme Designed Bymarksitbd