高枝切りバサミを使うとき

Posted on : 2012年10月20日 | post in : DIY/自転車 |Leave a reply |

2012-10-20 23:57:39

木がドンドン成長して、高いところにある枝を切らなくてはならない時に
重宝するのが、高枝切りバサミですが

長さとともに、注意しないといけないのが、重さ。
上を向いて、上に突きあげて使うわけですので

しかも、短時間ではないと思われるので、軽いほうがいい。
できたら、1キロ未満のほうが使いやすいのですが、
買うのは通販のほうが安いかもしれませんが
一度は、ホームセンターなので、実物を手にしたほうがいいでしょう。

そして、許されれば、伸ばして、天井に向かって持ち上げてみるとなおいいでしょう。

そして、切り方には、はさんで切るものと、引っ掛けて紐を引いて切るもの。
思いポールの場合は、持ちやすいように、肩からかける紐がついているものもあります。

切れる枝の太さにも留意。

はさみではさめる太さと、はさんで切れる太さも要チェック。
切れない場合は、のこぎりがついているものも便利ですね。

ただし、家の庭にある木など、
単純に切り落とせばいいというものでもない場合
切ったらはさんで、適当な場所で落とせるものも便利。
柿やビワの収穫には、こうしたはさめるタイプが必須。

参考) 高枝切りバサミ、長いほうがいい?

さて、高いところにある太めの枝の切り方

私が、実践しているのは、
最初に枝をのこぎりで切りますが、完全に切らないで
その枝をはさんで引っ張れば折れる程度まで、試行錯誤で切り込みを入れています。
枝が折れたら、次には、思いっきりはさんで引きちぎる感じ。
落ちる位置を計算しながら、太い高枝を切る方法です。





タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Theme Designed Bymarksitbd