スイングスピード測定器 

Posted on : 2012年10月31日 | post in : 90 : その他 |Leave a reply |

2012-10-30 11:48:43

DeNAがいなかったら、最下位になっていた阪神タイガース。
不振の原因は、右打ちを意識しすぎたコーチングのせい。
つまり、フルスイングができない、
速球に弱い・・・。
そこで、バッティングマシンの速度をあげたり、
マシンからの距離を縮めたりして打撃練習をするのも方法だが
同時に、スイングスピードを数値化するのも大切なこと。

SSK社の「マルチスピードテスター2」が新兵器
スイングスピードと打球速度を同時に計測できるという。

従来の計測器ではスイングスピードと打球速度の同時計測は不可能。
ティー打撃で計測しても、
ボールをミートできているかどうかまでは分からなかったが、
これは、打球の飛び出し速度(初速)も測ることが可能。
スイングスピードより打球速度が早ければバットの芯でとらえた証拠になり、
逆の場合は詰まるなどの「落ち度」があったことになるという。

 

 





タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Theme Designed Bymarksitbd