単管パイプの塗装の仕方

Posted on : 2012年11月10日 | post in : DIY/自転車 |Leave a reply |

2012-11-10 19:12:59

単管パイプの表面は亜鉛加工されているので、
水性でも油性でも塗料をそのまま塗ると弾き、
弾くことなく濡れた所も、
塗装が面となってはがれやすくなります。

そこで、どうしたら良いのか。

ハンズの塗料売り場で聞いたところ、
「水ペーパー(布ペーパーより細かくて仕上げ用につかわれるもの)で
表面を擦ってから塗料をぬるのが良いのではないか。」
ということでしたが、
やはり塗装ははがれやすいので
定期的に塗り直す覚悟はしておいた方が良さそうです。

この他の方法としては、
ペーパー研ぎを超えた強力密着ともいわれる
ミッチャクロン マルチ エアゾール などを下塗りして
塗料を塗っていくという方法。

塗料を塗るのは組み立てる前か後か?

作業場の広さや、組み立てた状態によって
どちらが塗りやすいかも判断規準となりますが
組み立てる過程で、単管パイプを傷つけることも考慮すると
組み立て後が良いかもしれませんね。

また、クランプの塗装もお忘れなく。





タグ: ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Theme Designed Bymarksitbd