スプレー塗装のコツ

Posted on : 2012年11月25日 | post in : DIY/自転車 |Leave a reply |

2012-11-25 12:39:16

DIYで塗装をしようとすると、虎刈り状態になったりしませんか。
こんな時におすすめだといわれるのが、スプレー式の塗料。
確かに、ノズルから噴霧されて、均一に塗れそうな気はしますが、
実際にやってみると,
塗料はたれるし、泡だらけになったり。
素人におすすめのスプレーにも使い方のコツがあるのです。

  1. 缶の中の塗料を均一にするために、よく攪拌します。
    中のビー玉がカタカタと動くまで、よく振ります。
  2. 塗り始めと終わりには、塗る材料以外の、廃棄材等に向けます。
  3. 最初は薄く塗って、重ね塗りします。
  4. 塗る対象から、20から30cm離してスプレーします。
  5. 噴霧する角度は常に直角に、速度は一定に。
  6. 最後に、
    塗装が終わって、缶にペンキが残っているときには
    缶を逆さにしカラ吹きをして、パイプとノズル内の塗料を取り除き
    さらに、ノズルのまわりは拭き取って置きます。




タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Theme Designed Bymarksitbd