清涼飲料水を毎日飲む女性、脳梗塞の危険1.8倍

Posted on : 2012年12月26日 | post in : 未分類 |Leave a reply |

2012-12-26 18:12:05
コーラやジュースなどの清涼飲料水をほぼ毎日飲む女性は、ほとんど飲まない女性と比べて脳梗塞(こうそく)になる危険性が1.8倍高いとの研究結果を、国立がん研究センターが26日、発表。
論文が米専門誌12月号に掲載された。
清涼飲料水に多く含まれる糖分の取りすぎが、脳梗塞の危険を高めているとみられる。

 脳梗塞は、動脈硬化などにより脳の血管が詰まって起こる。
研究チームの磯博康・大阪大教授(公衆衛生学)は、清涼飲料水の糖分が血液中の糖や中性脂肪の濃度を上げて動脈硬化につながったと分析
男性は女性より運動量が多く、エネルギーとして代謝されやすいため、影響が出にくかったとみている。
磯教授は「自分なりに清涼飲料水の飲み過ぎにブレーキをかけて、賢く付き合ってほしい」と話している。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Theme Designed Bymarksitbd