チキンの部位ごとの特徴

Posted on : 2012年12月27日 | post in : クッキング |Leave a reply |

2012-12-27 11:48:24

ムネ肉

胸にある部分の肉で「抱き身」ともいう。
淡白で柔らかく、脂肪が少ないため、
「パサパサしておいしくない」という人もいます。
ダイエット中の人にはおすすめ。

主な調理方法は、チキンカツ、唐揚げ、チキンソテー
親子丼、鶏すきなど。

モモ肉

脚から腿の付け根にかけての部位。
運動する時につかうので肉は赤みを帯びている。
ムネ肉より硬く、脂肪を含んでいるため、味にコクがある。
鉄分をもっとも多く含んでいる部位でもある。

フライドチキンやチキンソテー、クリーム煮、鍋物など。

ささ身

胸の内側にある肉で、(牛肉等の)ヒレに相当する部位 。
形が笹の葉に似ているためささ身と言われている。
脂肪をほとんど含まず、たんぱく質がもっとも多い部位
もっとも柔らかく、味もムネ肉より淡白

刺身でも食べれるともいわれる。
吸い物、和え物、茶碗蒸し、酢の物など

手羽

翼の部分の肉
ムネ肉に近い方から、手羽元、手羽中、手羽先という。
手羽元は、たんぱく質が多く、脂肪が少なく、味は淡白。
唐揚げ、煮込み、焼き鳥

手羽中、手羽先は、脂肪、ゼラチン、コラーゲンが豊富で旨味がある。
手羽中は、唐揚げフライ、水炊き
手羽先は、水炊き、炒め料理

内臓等

レバー(肝臓):ビタミンA、鉄分が豊富

ハツ(心臓):ビタミン、脂肪が多い

砂肝(筋胃):脂肪、水気が少なくコリコリしている。

皮は、皮下脂肪が多く、焼き鳥や和え物に使う。





タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Theme Designed Bymarksitbd