科学的根拠によるガン予防

Posted on : 2013年1月9日 | post in : 未分類 |Leave a reply |

2013-01-09 10:33:50

国立がんセンター がん予防・検診研究センター(2005)によれば、
科学的根拠に基づくがん予防の8項目は、

  1. たばこを吸わない。たばこの煙を可能な限り避ける。
  2. 飲酒は適度に(日本酒換算1日1合)
  3. 野菜・果物は、1日に最低400g摂取する
  4. 塩分は最小限に(食塩で1日10g未満)
  5. 定期的な運動の継続。(例えば、毎日60分程度の歩行、週1度汗をかく程度の運動)
  6. 体重(kg)/(身長(m)の2乗)が、男性27、女性25以下で、同20、19未満にならないように、体重維持
  7. 熱い飲食物は最小限に
  8. 肝炎ウイルス感染の有無を知り、治療や予防に努める。

 なお、魚肉の焦げについては、食べて腫瘍になるには、例えばサンマなら2万尾と毎日食べても、10年以上かかることから、上記項目からは削除されました。
唾液には、発がん抑制の働きがあるので、よく噛んでたべるといいとも

 

 





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Theme Designed Bymarksitbd