右と左の面白ネタ事典

Posted on : 2013年1月12日 | post in : 60 : 書籍 |Leave a reply |

2013-01-23 12:34:39

必ず誰かに話したくなる
右と左の面白ネタ事典
北嶋廣敏著

右と左の謎
生物学的な物から俗説など交えてネタがかかれている本。

暇つぶし的な面白さもそこそこではあったが、

いくつか例示してみると

右に出る者はいない
左遷と同じように、右を尊ぶ尚右思想に基づく。古くは、日本書紀や漢書にも出てくるという

万葉集によると、奥の手は元々左手を指していたという。
ただし、その語源は明確ではない。

「左前」に、良くない意味があるのは?
生きている人が着物を左前に着るのはよくない忌むべき着かた。
死んだ人に着せる着かたである。
ここから、物事が順調にいかない、金銭に行き詰まる、商売がうまくいかないという意味に用いられるようになった。

なにか、しっくり来ない内容が少なくはない本ではあったが。
 





タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Theme Designed Bymarksitbd