それでも生きる NHK取材班が聴いた被災地3000人の声

Posted on : 2013年1月16日 | post in : 90 : その他 |Leave a reply |

2013-01-16 12:09:38

被災地復興といえば、すべてが良いこと
被災地のためといえば、すべてが許される

公式の場では、そんな風潮がある
しかし、悲しんでいるのは被災地の人だけでなく
家族が殺人事件にあった人
身内が交通事故で亡くなった人
いじめで自殺した人の家族

その違いは??

一つの出来事の結末として
亡くなった人や悲しむ人も数
だから、被災地・・・・
と言うことが出る度に、
「被災地」だけでいいの??
そんな思いがすることもあるけれど

それでも生きる
NHK取材班が聴いた被災地3000人の声

を手にすると、被災地の悲しみが伝わってくる。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Theme Designed Bymarksitbd