クラーク博士の賛美歌 (音痴??)

Posted on : 2013年1月21日 | post in : 60 : 書籍 |Leave a reply |

2013-01-21 10:59:31

少年よ、大志を抱け!

クラーク博士の私的イメージは、
聖人君子t的なものでしたが、

大学的 北海道ガイド —こだわりの歩き方
札幌学院大学・北海道の魅力向上プロジェクト編/  昭和堂

この書を読んで、イメージが一変した。

どう変わったかというと、

クラーク博士は音楽好きであったが、
日本の音楽は全くひどい音楽だと拒絶反応を示し、
楽譜に書かれるような代物ではないとも言っている。

異国に来て、学生達に何かを教えようとするものが、
その国の文化を拒絶することはいかがなものであろうか。
もっと真摯な気持ちであるべきではないかと。 
いわゆる、日本人を下に見ていた、高慢さが窺われはしないか。 
クラークの品性が問われると思ったら、次の一節にも出くわした。

 

品性をよくするためには、
キリスト教の精神を伝えることが大切だと考えて聖書を教えたが、
博士は音痴と見えて賛美歌を教えようとするときには、
決してメロディーをつけず
ただ抑揚をつけて言葉を読むことしかできなかった。

したがって、キリスト教や聖書を広めることはできたかもしれないが、
賛美歌を正確に広めることはできなかったようだ。

 

音痴の西洋人に・・・・、
邦楽をまったく酷い代物であるといわれてもねえ・・・。 
西洋人らしいとちょいと苦笑

 





タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Theme Designed Bymarksitbd