古きを訪ねてイギリスへ

Posted on : 2013年1月22日 | post in : 60 : 書籍 |Leave a reply |

2013-01-22 12:54:42

悪質な自転車の交通違反者を略式起訴に
するという記事が出たが、
確かに、悪質な自転車もいるけれど
もっと危険なのが、自動車の路肩駐停車に信号無視
そして、路上放置の立看板。
道路の不法占拠でかつ、危険なので
取り締まってほしいけれど、警察は見て見ぬふり・・・
狸寝入りを決めているようなのは何故??
警察官も、多くはいい人なので、
争い事は避けたいのかなとも思ったりして。

さて、表題の書は、石井澄江著であるが
中を開いてちょっと・・・・
イギリスの話は、この本の最初の部分、10%だけ。

その中で、ノートしておくならば
歩行者用信号は、歩行者がいるとすぐに青信号になること。
日本では、車優先の信号で、赤信号になっても
平気で2、3台は通りすぎていくのとはおお違い。

イギリス料理のおいしくないことは有名だが
出される料理は、茹でたジャガイモやニンジンがそのまボン!
カットされていない長くて太いソーセージもボン!!
大食いの人だけが喜びそうな風景・・・

話題の消費税は、生活必需品にはかかっていないなど
高齢者や子供などへの配慮がなされているとのよし。

だから、日本と違って、老人がゆったりと笑顔で暮らせるんだなあ・・・なんて。

残り90%の多くは、東京史跡めぐりの節。
タイトル詐欺やん!!
ネットで買ったら、きっとこう叫んでいたに違いない





タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Theme Designed Bymarksitbd