インフルエンザ予防にマスクは有効

Posted on : 2013年1月24日 | post in : 未分類 |Leave a reply |

2013-01-24 11:05:22

NHKの人気番組、ためしてガッテン
インフルエンザ対策としての「マスク」の検証を行っていたが
一つだけ、驚きの事実があった。

高機能マスクも格安マスクも効力には
ほとんど差がないということ

ブタインフルエンザ騒ぎの時だったか
マスクの価格が高騰したばかりか
どこに行っても品切れ状態だったのが嘘のように
箱入りマスクが夜雨S区手に入るようになった今日。
私は、50枚68円で1箱買ったばかりだったので嬉しいファクトだった

インフルエンザ対策としての「マスク」のポイントは、着用の仕方にある

ウイルスは、マスクを通してではなく
マスクと顔の隙間から侵入してくる場合がほとんど。
鼻の部分、頬の部分、顎・・・、密着させるように着用するのが大切なこと。
そして、着用しているうちに、マスクは、ずれることにも留意。
とはいえ、四六時中マスクをつけ直していてはいられない。
故に、危険度の高いときだけ、再確認することが大切。
どんな時かというと、
咳き込んでいる人が近くにいるとき
電車、エレベーター等の密封された空間
こんな時には、マスクをつけ直した方がよいでしょう。

ウイルスの侵入経路は、自分の手を介してというのが多い。

ウイルスは、ドアノブなど至る所に不着しているので
手洗いを励行するとともに、
その手を、知らず知らずのうちに、鼻や口に持っていかないように
マスクでガードしておくのも大切なことですね。

さらに、マスクは着用していると表面にウイルスが付着するので
再利用すると、マスクが却って感染源になってしまいます。

マスクは、寒い日の防寒対策にもなりますし
上手に着用すれば、インフルエンザ予防にも役立ちます。

マスクの上にマスクもなく、
マスクの下にもマスクはない

安いマスクでよいので、マスクを上手に使って、
インフルエンザ予防に努めたいですね。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Theme Designed Bymarksitbd