寿司職人で世界にジャンプ

Posted on : 2013年2月17日 | post in : 80 : 雑学 |Leave a reply |

2013-02-12 11:07:34

もし、明日にでも失業してしまったら? 
「手に職」
を持っていれば、安心材料にはなるが、
弁護士、会計士、医師、薬剤師・・・
どれも簡単にはなれないものばかり
資格をとっても、就活に苦労という記事も見る

そんななかで、密かに、人気なのが
寿司職人
いまや世界中で人気の「寿司」を握る寿司職人

とはいえ、あの世界。
徒弟制度ではないの?
皿洗いから始めて、何年経ったら、寿司職人になれるの??

寿司職人を育成する専門学校「東京すしアカデミー」があるという。
学校には、世界60ヵ国から年間100件を超える求人があるという。
週刊プレイボーイ誌によれば
2月1日時点だけで
上海で4万元(約52万円)、中東カタールで3000ドル(約27万円)。オーストラリアのシドニーで2800豪ドル(約26万円)、イタリア南部の港町バーリで月給2000ユーロ(約24万円)……(以上すべて月収)。

『寿司×日本人×英語』
トリプルミックスなら、世界中で引く手あまただとか

この専門学校では、
1年間で江戸前寿司に必要な握り技術、食材や栄養学、
酒の知識などを効率よく学べる「寿司シェフコース」があって、
2002年の開校以来、2000人近い卒業生を輩出
その約3分の1が海外で働いているという。

最初の数年は雑用のみで、飯炊き3年握り8年
というのが、伝統的な寿司職人育成方法
すぐに寿司職人になりたいというのが本音で
故に、寿司職人コースは人気だという。

海外店で寿司職人になるとその後は、
寿司高級店は地元の名士が集まる社交場であり
寿司には独特の“カウンター席文化”があるので
名士と親しくなり、スポンサーになってもらい
独立というケースも少なくないとも言う。

最近の就活年を迎えた大学生には
就職よりも起業を志す学生も増えており
寿司職人も手に職をつけて独立というのも
一つの道なのだろう。





タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Theme Designed Bymarksitbd