土屋耕一の回分

Posted on : 2013年3月12日 | post in : 80 : 雑学 |Leave a reply |

2013-03-12 11:25:25

怪文ではなくて、回文
上から読んでも下から読んでも同じというやつ
回文を作っても、「それ何?」
って、突っ込まれたら、そこまで。
単なる言葉遊びなのですが、
コピーライター 土屋耕一は回文が得意だったという
その傑作集・・・

釧路よりよろしく

練菓子を旨しとしまう惜しがりね

凍てつく間女人便所にまくって居

結婚し、新嫁宵に新香漬け

お買い得安いと椅子屋くどい顔

品川に今棲む住まい庭がなし

軽い機敏な仔猫何匹いるか





タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Theme Designed Bymarksitbd