お城には松の木が植えられてた理由

Posted on : 2013年3月19日 | post in : 80 : 雑学 |Leave a reply |

2013-03-19 11:07:26

お城の風格や威厳を演出するには、松の木はピッタリ
ですが、実は、本当の理由は別にあったようです。

松の木は、籠城する際の食料になる

松の木は食べられるの??
実は、松の木の内側の白い部分の栄養価は高いのです
といっても、そのまま食べれるものではなく
臼でついて、水に浸して、苦味や臭みを抜いて
その上で、その汁をこし、干して粉にします
その粉を麦粉などと混ぜてもちにして食べたそうです

江戸時代には、飢饉の際に、
農民たちが争って松の木の皮を剥いだため、
街道の松並木が丸裸になるほどだったとか。

松葉には、殺菌力、葉緑素、ビタミン、ミネラルが豊富だとか。





タグ: ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Theme Designed Bymarksitbd