食品の保存の仕方

Posted on : 2013年4月5日 | post in : クッキング |Leave a reply |

2013-04-05 16:35:37

食品保存術 (日東書院) によれば

食品保存の基本は空気を遮断すること
特に肉や魚は傷みやすいので真空パックにするのが理想です

真空にするには;

保存袋にストローを挿してファスナーを閉め、
空気を吸い出したら、素早く完全密封すれば
専用の装置がなくても、 袋の中を簡単に真空状態にできます

水分の多い食品は、腐りやすく、変色しやすいので
汁気の多い煮物などは煮汁と具と分けてパックに入れておきます
温めるときは、一緒にして、電子レンジなどで温めます

冷凍野菜や冷凍麺は、
使うときに再加熱するので、固めにゆでてから冷凍します

肉や魚など水分の多い食材は、
ゆっくりと冷凍させると細胞膜が壊れてしまい
解凍した時に、
美味しさ、栄養分共に流れでてしまうので急速冷凍が原則で
冷たさが伝わりやすい金属トレイにラップした食材をのせて
冷凍室で一気に冷凍します





タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Theme Designed Bymarksitbd