米国産農産物は安全か?

Posted on : 2013年5月31日 | post in : 未分類 |Leave a reply |

2013-05-31 07:41:14

カリフォルニア産オレンジに強烈なる防カビ剤
 
ポストハーベスト農薬は、収穫後に使用する農薬のことで、
日本では認められていませんが、
米国産オレンジの果肉にはOPP(オルトフェニルフェノール)や
TBZ(チアベンダゾール)などの防カビ剤が塗られています
農薬や殺虫剤の主原料でもあるOPPは発がん性が、
TBZには妊婦が多量に摂取すると奇形児を出産する恐れがあると指摘されています。
 
そのため約40年ほど前には、当時の厚生省がOPPなどを使用した
柑橘類の輸入を自粛するように警告していたが
米国の激怒・抗議によって、日本は食品添加物として、OPPを認可してしまった
 
 
目下のところ、国内企業がOPPを食品添加物として
使用したケースはほとんど見当たらない。
結局、米国の圧力に負けた日本政府が、
米国産柑橘物輸入のために認めたことが明らかになっている
 
s;週刊新潮 13/5/25




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Theme Designed Bymarksitbd