梅雨にご用心! 知られざる“恐怖のカビ”

Posted on : 2013年6月10日 | post in : 未分類 |Leave a reply |

2013-06-10 07:12:54

2013年 6月10日(月)  NHKおはよう日本
梅雨にご用心! 知られざる“恐怖のカビ”

梅雨の季節、気になる“カビ”。
なかには、健康に深刻な影響を与えるカビがあります。
その名は「アスペルギルス

長期間、吸い続けることで肺や気管支を破壊し、
放置していると呼吸不全の末、死に至ることも。

その症状はぜん息と似ており、診断が難しいといいます。

アスペルギルスは、身の回りの至るところにあり
花粉症のように、吸い込むとアレルギー症状を発症させます

微熱、咳など風邪や喘息に似た症状で

おはよう日本で紹介された男性は
喘息治療に5年間も通院した男性は
あわや呼吸不全にもなりそうなほどの重症になり
やっと本当の原因がわかったと言います

病院での診察でも見つけにくいと言いますが
血液検査をすればわかると言います





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Theme Designed Bymarksitbd