熱に強い食中毒の原因菌=ウェルシュ菌(Clostridium perfringens)

Posted on : 2013年6月14日 | post in : 40 : 健康,クッキング |Leave a reply |

2013-06-14 18:56:04

先日のためしてガッテンでしっくりしたこと

前日調理して覚まし、再度加熱したカレーが危ないこと
ウエルシュ菌は熱に強いため、
加熱によって大腸菌等が死滅すれば
ウエルシュ菌が元気になるという・・・・

ウエルシュ菌は
自然環境、ヒトおよび動物の腸管などに広く分布し、
食肉、魚介類など食品原材料中に比較的高率に汚染されており、
加熱調理した食品はすみやかに摂食するか、
冷却することが大切です。
冷却する場合はすばやく20℃以下にします。

ウエルシュ菌は
15〜50℃で発育を示し、
ほかの食中毒菌に比べ42〜45℃でもよく発育するので、
保存は10℃以下または50℃以上で行う必要があります。

さらに、保存されていた食品は温め直しなどの再加熱
(75℃で15分以上)
をして食べるようにすることも大切です。





タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Theme Designed Bymarksitbd