世田谷の史跡 豪徳寺・代官屋敷・松蔭神社

Posted on : 2013年6月15日 | post in : 東京 |Leave a reply |

井伊家菩提所 豪徳寺

 

世田谷区豪徳寺2-24-7

 
井伊直弼が眠る豪徳寺
招き猫発祥の地としても知られている
2代彦根藩主井伊直孝が猫に招かれ、豪徳寺で雨宿りした縁から
井伊家の菩提寺となったという逸話がその由来
 
 

世田谷代官屋敷

 

世田谷区世田谷1-29-18

 
かつて彦根藩井伊家の領地であり、
大場氏が代々世襲して代官を務めていた。
豪徳寺の近くには、その代官屋敷が今も現存している
幕末当時の姿を留める代官屋敷は、
重要文化財にも指定されており
「お白州の跡」なども
 
敷地内の世田谷区立郷土資料館には
桜田門外の変を報せる飛脚便なども展示されている
 
 

松蔭神社 


世田谷区若林4−35−1

 
安政の大獄で斬首に処された吉田松蔭は
刑死者を埋葬する回向院に埋葬されたが
松蔭門下生が朝廷に働きかけ
安政の大獄の刑死者を恩赦させることに成功
高杉晋作や伊藤博文らが、遺体を掘り起こし
この地に改葬したもの
 
 
 




タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Theme Designed Bymarksitbd