延命治療をしますか?

Posted on : 2013年6月27日 | post in : 未分類 |Leave a reply |

2013-06-27 11:16:24

「医者に殺されない47の心得」近藤誠医師著

病気の治療法については、あるときには最善の治療法とされていたのが
時を経ると、良くないとされること
少なくないことだと思います

小児喘息について調べた時がそうでした。

この著作では、
検査づけ、薬品投与づけは、
必ずしも治療にならないという事を述べています

薬はのめばのむほど、強い薬が必要になってきますし
副作用もありえます
検査だって、例え少量出会っても放射線を浴びることになります

それが、治療につながればいいけれど
かえって、患者の負担を増すという結果になることもある

医療の本質から言って
あり得ることだと思う

この著は、ベストセラーになっているようです。
書かれていることは全部正しくも
全部間違っているという事もないと思います

大切なことは、自分の納得する健康法、治療法
あるいは、生き様は常に頭に置いておくことではないでしょうか





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Theme Designed Bymarksitbd