マルハニチロの冷凍食品から農薬 630万袋回収

Posted on : 2013年12月29日 | post in : 未分類 |Leave a reply |

2013-12-29 21:40:37

マルハニチロの冷凍食品から農薬 630万袋回収

マルハニチロホールディングスの子会社
「アクリフーズ」の群馬工場で製造された冷凍食品に
農薬が混入していることが分かり、
商品約630万袋を自主回収すると発表
原因は不明で、外部混入の可能性もあるという

農薬混入が発覚したのは、
11月13日にミックスピザを食べた客から
「石油のようなにおいがする」と連絡があったこと
それ以降今月29日までに、
子供が悪臭で吐き出すなど約20件の苦情があった。

同社で検査したところ
マラチオン」と呼ばれる有機リン系の殺虫剤が、
コーンクリームコロッケに基準値を上回るレベルで含まれていた
子供(体重20キロ)が
1度に60個のコロッケを食べると毒性が発症するレベル

 

群馬工場では混入期間と考えられる10月3日?12月26日に、
イオンや西友など他社ブランド商品も含めて、
ミックスピザやホットケーキなどの冷凍食品88品目630万袋を製造

製造過程でマラチオンは使っておらず、
外部混入のほか、外国から輸入した食材に使われた可能性もあるという

製造者アクリフーズ群馬工場」と記載されているものは
賞味期限にかかわらず回収する
送料着払いで工場まで送付すれば
商品の代金も後日返金するという。

問い合わせは
アクリフーズお客様センター
フリーダイヤル0120・690149
午前9時から午後5時まで

 

 





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Theme Designed Bymarksitbd