USBブートできないPCを無理やりUSBブートさせる方法

Posted on : 2014年4月17日 | post in : 10 : WEB |Leave a reply |

2014-04-17 11:52:10

XPのサポート期間終了で、
古いPCは、Linuxをインストールして対応していますが
インストールに際して、CDを焼くなんて面倒なことはしたくない

焼くのに失敗したらまたCDを買わないといけないし、
使った後のCDの保管も面倒
ということで、USBからインストールすることにしています

  XPサポート終了で、Linuxをインストール

ところが、知人のPCでのこと
電源をいれたら、F2をクリックして、BIOS変更をしようとしたものの
USBブートの選択ができないPCだった・・・

インストールしようとしたOSは、Linux・Puppyだったので
ほかのPCで、windowsからインストールできるexeファイルをUSBに保存し
当該PCに差し込んで、EXEファイルをコピーして、
EXEファイルを実行させてインストールしました

が・・・・、

ググってみると、
USBブートできないPCでも、
USBブートさせる裏技もあるようです

<<Plop Boot Manager を使うという裏技>>

1.CD-Rから起動してUSBメモリブート
2.フロッピーディスクから起動してUSBメモリブート
3.ハードディスクにPLoP Boot Managerを
     インストールしてUSBメモリブート

という三つの方法です

とはいえ、CDに焼くのは面倒(#1)
フロッピーなんて、化石化している(#2)
ということで、#3に行き着きますが、

失敗すると、Windowsすら立ち上がらなくなる
というリスクもあるようです

USBブート非対応のPCでUSBブートを可能にする
Plop Boot Manager





タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Theme Designed Bymarksitbd