windows7 リカバリーUSBメモリを作成する方法

Posted on : 2014年5月6日 | post in : 10 : WEB |Leave a reply |

2014-05-06 19:10:53

自宅にあるパソコンは
どれもDVDドライブの付属していない軽量タイプ

ウインドウズのリカバリディスクのついていないものが多く
まさかのときに、USBメモリーから
ウインドウズを起動して、インストールできるのがベスト

そこで、
ウインドウズ7をUSBメモリーからリカバリーできるよう
USBメモリーを準備しておきます

<1>ウインドウズ7のイメージファイル(ISO)を
    マイクロソフトのサイトからダウンロードします

Windows 7downloard

Home/Pro、32bit/64bitの各ISOファイルがあるので
PCに現在インストールされているウインドウズ7と同じものをダウンロード

<2>isoファイルをUSBメモリーをインストールします

インストールに使うのは、マイクロソフトのダウンロードツール

Windows 7 USB/DVD Download Tool

このツールを立ち上げ、画面にしたがって作業します

1) ISOファイルを選択する場面で、<1>でダウンロードしたファイルを指定
2)4GB以上あいているUSBメモリーをスロットの指し、USBディバイスを選択
  (私は、8GBのUSBメモリーを使用)

参考)

ここで作ったUSBメモリーでリカバリーした後
ウインドウズアップデートするときに
日本語パックをインストールする

Windows 7 言語パックのインストール方法





タグ: ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Theme Designed Bymarksitbd