十津川警部 南風の中で眠れ   西村京太郎 著

Posted on : 2015年2月11日 | post in : 60 : 書籍 |Leave a reply |

2015-02-11 20:53:53

十津川警部 南風の中で眠れ  
     西村京太郎 著 

プロの殺し屋集団が起こす連続殺人事件

殺人集団は途中まではバレないように慎重に事を進めるが
最後の最後で粗い仕事をして、バレてしまう

いつもの西村京太郎の小説の流れで
ちょっと違和感を覚えてしまう

あらすじ

ファミリーレストランチェーン社長 岡崎社長を誘拐し
殺人依頼の営業をするグループ

その時社長には、依頼する気持ちはなかったが
刑事告発寸前に再度グループから接触された時には
白石検事の殺人を1億円で依頼してしまう

そして、みた総合病院長殺人の時には

「眠らせて誘拐したときに 殺人の凶器となるようなものに、
あなたの指紋をたくさんいただきました。
スパナ、ナイフ、ハンマーなど50個くらい・・・・」
 
と、殺人依頼者のアリバイ証人にさせられてしまう

殺人、アリバイ証人の連鎖は政治家につながり、
十津川警部が接触すると
秘書はあっさりと殺人依頼を認めるとともに
殺人グループをも白状してしまう

本のページ数にすれば最後の数%のところで
急速に解決してしまうのは
物足りなさを感じてしまうところである





タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Theme Designed Bymarksitbd