七尾与史  山手線探偵 まわる各駅停止と消えたチワワの謎

Posted on : 2016年3月12日 | post in : 60 : 書籍 |Leave a reply |

七尾与史 
山手線探偵 まわる各駅停止と消えたチワワの謎

 

腕が一流?なのだろう
故にこの事件を解決できた

しかし、貧乏探偵で
事務所を借りるお金さえなく
やむなく山手線で開業している

開業って言ったって、
どうやってクライアントにそれを知らせるのか

助手兼広告担当の小学生シホがネットの書き込みで
山手線探偵の存在をアピールしているらしい
この小説、出だしは、ゲーム機を通信機能を使った
痴漢冤罪未遂事件から始まり

その冤罪未遂事件に関わった4人のうち3人が事故死する

一方で、小学生がホームに転落死する事故
(のちに事件と判明するが)が発生
そして、公園で飼われてていたチワワ
医者がだけが愛用するという不思議な香水が絡みながら
事件は結末を迎えていく
犯人は・・・・
医者だった
意外な展開ながら警戒なストーリー展開
「ドS刑事」を書いている七尾与史だが
山手線探偵もテレビドラマにしたら
軽妙で、楽しい物になりそう。
山手線探偵

事務所は、山手線、前から5両目
今日も顧客がない・・・・





タグ: , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Theme Designed Bymarksitbd