似鳥鶏 レジまでの推理 本屋さんの名探偵

Posted on : 2016年3月16日 | post in : 60 : 書籍 |Leave a reply |

似鳥鶏

レジまでの推理 本屋さんの名探偵

 

 

7冊で海を越えられる

 

男が海外留学するため遠距離恋愛になる男女
留学間際に、男は女に連絡を取ろうとするが
怒った女は、メールにも電話にも出てくれない

そして、女は、7冊の本を男に送った。

男は、その意味がわからない・・・
そして、馴染みの本屋でもあり
7冊の発送元の本屋を訪ね
謎解きを依頼する・・・

何の事はない
7冊のタイトルから
「スカイプいれろ」

遠距離恋愛の対処法を指示しただけだった

 

 

全ては
エアコンのために

島尻が友人池部の勤める本屋にあらわれ
消えた本の謎解きを依頼する

店長は、壊れたエアコンの修理とバーターに引き受ける

島尻の引越しの時
一冊の本がなくなったが、
引越の手伝いに来た池部が盗ったのではと疑うが
その方法が思い浮かばない・・・・

その本は、二人の友人蓮見喬の初版・サイン本

島尻は池部に不要な本を譲ったが
本はダンボールに隙間なく入れて封をし
蓮見に本は、島尻が自分のバッグに入れた

そして、池部を一人残し
島尻は、最後のゴミ捨てにいく。

島尻が帰ってきたあと
ダンボールいっぱいの本は、
池部が自宅に自転車で持ち帰る

そして、引越後、
島尻は本がなくなっているのに気づく。

蓮見の本をどうやって
池部が持ち帰ったのか

池部は、
本のカバーを外し
ダンボールのフタにカッターを入れ補強材を外し空間をつくり
カバーを詰め込むことで
外観ではわからないながら
本を一冊忍び込ませることができた
というもの・・・

 

 

通常業務探偵団

 

蓮見喬のサイン会を催した本屋
サイン会の終わった夜、事件は起きた

サイン会用のポスターに落書きがされていた

落書きをしたのは、蓮見喬のファンの多和田
多和田は、落書きをして、ポスターを廃棄させ
捨てられたところを拾おうとしたという

多和田は、ストーカー行為もしており
単純にポスターを盗み
警察沙汰になった時に、
洗いざらい調べられるのが怖かったらしい

そして、サイン入りポスターを廃棄させ
それを取得しようという作戦に出た

蓮見喬のサインならオークションでも
入手できそうにも思うが
ポスターについた蓮見喬の指紋が欲しかった

ゼラチンで作った人工指に残留指紋で
蓮見喬のマンションのオートロックを破ろうとしたらしい

なるほど・・・・

 

 

本屋さんよ永遠に

 

この本の最後の話
これまでの話の続きかと思えば、

エピローグではなく、プロローグ・・・

最後に置いたのは何故???

 

 





タグ: ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Theme Designed Bymarksitbd