東野圭吾 ガリレオ 真夏の方程式

Posted on : 2016年3月28日 | post in : 60 : 書籍 |Leave a reply |

東野圭吾 

ガリレオ 真夏の方程式

 

湯川先生が玻璃ヶ浦で遭遇した殺人事件

 

殺された刑事も

殺人をしてしまった男も

自分の利益のために、自身の感情からではなく

他人への愛を起点として行動しているのは心地よい

 

殺人のきっかけは、

男の娘がかつて起こした殺人事件の

身代わりとなって刑に服した実の親がいた

 

男が刑期を終えて社会復帰した時

男をかつて逮捕した刑事は、

男の無罪を知り、男を探して玻璃ヶ浦にやってきた。

 

玻璃ヶ浦には、実母と、再婚した父、娘が旅館を営んでいた。

刑事は、その旅館に宿泊・・・・

その父は、娘の過去が明るみに出るのを恐れて

事故に見せかけ殺してしまう・・・

 

 

 





タグ: ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Theme Designed Bymarksitbd